Pocket

きっかけは55歳の時の同窓会から始まった。

さかのぼること5年前、高校の同窓会が開かれなかったら
そして
彼がこの同窓会にでていなかったら
    
「Desigual」との商売はなかっただろうと、思う。
    
この君のことをTと呼んでおこう。
      
       
次にTと会ったのは、法事かなにかで福山に帰省してきてのこと。
   
「今こんなことやってる」と言って
一眼レフカメラのモニター画面を見せられた。
    
店舗の内装現場の写真だった。
そこに写っているのは、わざと少し使い込んだような
古めかしたような器具や陳列棚、ディスプレイ器具だった。
   

「Spain本社からの内装ディティールに応じきれなくて

おれに仕事が回ってきた」…..なんだ?それ。

 

desigual-hj

Tがかかわった内装

 

 

 

 

日本の店舗では予想もつかないような、奇抜な内装だった。    

  
Tが言う。
  
「服のことはわからんが、なんでもSpainから
日本に上陸してきてるらしい。
内装とおんなじように、服も奇抜だと思うわ。
商品の値段も高いのか安いのか、それさえも
おれには、わからん。」

 

It’s not the same にアプローチ

desigual-policy

     
    

 

 

 

 

Tを通じて取引窓口を紹介してもらい
取引開始へのアプローチをかけて待つこと半年。

はい。さすが海外ビジネスです。
MON NAKAMURAを認知していただくための書類
たくさん揃えさせていただきましたです。はい。

It’s not the same.

直訳すれば
「ほかと一緒じゃァないよ」
たしかに。
これほどユニークに遊んだ服は一緒じゃないわ。

そして、リーゾナブル。

「二年着まわせたら、もと取るわ!」
ってファンの女性はおしゃいました(笑)

 

TがDesigualさんの仕事をしていなかったら
おそらくは出会うことのなかった
スペイン発ブランドのお話でした。
    

73v2ed5-1010

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ、このブランドにアプローチしたのかって?

こちらもお読みください。
【セレクトショップ・・・究極のところ五感かな】

最後まで読んで下さり
ありがとうございました♪

今日も笑顔の花を満開に咲かせます!
よろしければ下のいいねや
ツイートや、はてブボタンをポチットして頂けると嬉しいです。

あなたのいいねが耕一ちゃんの根気(笑)に繋がります♪

「美しい自分にしてくれる店」MON Nakamura
公式Facebookページ
https://www.facebook.com/monnakamura