Pocket

「もしもし~、ナカムラさん?京都の〇〇です。
えらい、ご無沙汰してます~。
どうですか?商いのほうは・・・。」

野太い近江なまり・イントネーションの声。

***************************

再会してからの商いは、
「捺染業」での
オリジナルプリント生地を使った
ナカムラオリジナル服作り。

紋章柄

紋章柄

そして、
この会社のアパレル部門との
製品仕入れも主たる商いでした。

ファッション業界の時のながれは
厳しい選択ももたらします。

この会社のアパレル部門が
独立すると時を同じくするように
当店でも縫子さんが激減。

自社オリジナルの生産が
縮小する事態になっていきます。

捺染の基本単位は
50メートルの原反を
何本何十本がベースです。

 

変形市松柄

変形市松柄

とてもとても、

一軒の小売屋が手の出せる
メーター数ではありません。

しかも素材が伸びのある
合成繊維が主力になります。

読者の皆さんも知っている
スポーツウェア各社の
水着だとかインナーウェアの
原反プリントが主になっていきます。

当店との商いは
ほぼ無くなっていきます。

数年たったころ、

「もしもし~、ナカムラさん?」

しばらくぶりに
受話器の向こうから野太い声。

息子さんが事業を継承しながらも
独立した会社を起し
さまざまな商材を提供しているので
見てくれとのこと。

残念ながら
この時は、商売には…なりませんでした。

***************************

「もしもし~、ナカムラさん?」

ほんとうにしばらくぶりの
野太い声が受話器の向こうで
問いかけてきました。

御年、喜寿に近いはず。
五十年近い、商いです。

「商いは牛の涎…だら、だら」

三話に続きます。

最後まで読んで下さり
ありがとうございました♪

今日も笑顔の花を満開に咲かせます!
よろしければ下のいいねや
ツイートや、はてブボタンをポチットして頂けると嬉しいです。

あなたのいいねが耕一ちゃんの根気(笑)に繋がります♪

【内側から輝きたい女性のサポート MON Nakamura】
公式ホームページ
http://mon-nakamura.com/

「美しい自分にしてくれる店」MON Nakamura
公式Facebookページ
https://www.facebook.com/monnakamura

#商い #Print #ファッション#牛の涎