Pocket

大阪は浪速船場
繊維製品輸入商 S社長(故人)

戦後の船場の商いのなか

<舶来品>と呼ばれた、主に
ヨーロッパからの繊維製品の輸入で
『業界にこの人あり』 といわれた
髭面のS氏との付き合いが

ブティックナカムラの そして今の
MON Nakamuraの
服飾にたいする「こだわり」の原点です。

「中村社長、ちょっと
新町行きましょか・・・」

“このお客さんは” と
見込んだ店の人しか
案内してもらえませんでした。

新町の倉庫
倉庫と言っても立派なビルです。

そこには、買い付けてきた
伊や仏の輸入生地・製品とともに

S社長自らが、足を運び
選んできた、欧米スタイルの
インテリアが所狭しと
並んでいるのです。

「中村社長、それ購う(こう)ときなはれ
 あんさん要らんかったら、うちの家に置くわ」

S社長が本当に気にいったものを
一番に薦めてくれました。

そんなこんなで
父が半分道楽のように集めた
インテリアが約半世紀ちかく
どんな内装にもマッチして
ずっと、お店を彩っています。

色あせない逸品を
御紹介していきます。

P1030233

S社長が
その白さに魅せられた逸品が

Richard Ginoriのベッキオホワイトです。

最後まで読んで下さり
ありがとうございました♪

今日も笑顔の花を満開に咲かせます!
よろしければ下のいいねや
ツイートや、はてブボタンをポチットして頂けると嬉しいです。

あなたのいいねが耕一ちゃんの勇気に繋がります♪

内側から輝きたい女性のサポート
MON Nakamura
公式ホームページ
http://mon-nakamura.com/

「美しい自分にしてくれる店」MON Nakamura
公式Facebookページ
https://www.facebook.com/monnakamura