BLOG

ブログ

織り方で縞の模様が浮き出ているドビー織り

お客様が大好きだといわれるブラックフォーマル

お持ちになられたのは
ドビー織りの生地を使った、黒のフォーマルスーツ

上着の襟もとや裾そしてスカートのウェスト周りにも
パイピング仕上げをあしらった、いいスーツです。

デザインがとてもお気に入りだったようで
サイズがきつくなったので
これと同じかたちで作りたいというご依頼です。

 

ちょっと、着てみましょうか?

着てみていただいた結果は
お直しで十分作らなくて済みました。
(このお話はまた次回)

だけど、作らなくていいよって、商売へただ(( ;∀;)

 

あらら、ちょっと気になる、この糸ひけが

糸がこのように出たのが糸引け

 

 

ドビー織りという生地は、いわば刺繍のようなもの
どうしても、ひっかけたり物があたったりで
織り込んである糸がひけて、飛び出します。

上着だと、ひじの部分。
ここはハンドバッグの持ち手があたるとこ
あとはポケット周り。
指輪のつめでひっかけたり。

どちらかというと
スカートのほうが引けやすいです。
ほら自分でやらなくても

周りの何かにあたったりして。

 

はい。プロ技見せっるねー(^^♪

 

ちちんぷいぷいちちんぷい

 

あ~~~~~ら、きれいに無くなっちゃった。

魔法の呪文はすごいでしょ(笑)
針を使って糸端を裏に引き抜いて直します。
少しづつ少しづつ、丁寧に一本づつね。

 

脇線かな。ここが多かった。

 

さらりと書いてますが、じつは。
   
眼鏡外すでしょ。(近眼なのに外すと手元鮮明(笑))
手元ライトしっかり当てるでしょ。
これでもかって生地に近づいてね。

黒い生地からでた黒い糸を元に戻すんだから

あ”~~~~~肩凝る~~~~~( *´艸`

 

で~。

なんとかすべてひきこんだよ

 

これ、なんとかしてよ

いやいや、お客様の声じゃないのね、これが。
うちの相方さん。
せっかくお直ししてあげるんだったら
お客様が気づかない、あきらめてることも
ちゃんとしてあげたいって思うんだよね。

ちょっと自慢するね。

ここが、モンナカムラの真骨頂なのね。
  
布地が好き。織物が好き。生地が好き。
そのうえでのファッション、アパレルなのね。

生地のこと知り尽くしてるからこそ
ちゃんと、もとに戻せるのね。

 

いろんなことしてますが、
モンナカムラは洋服屋です。

生地のこと知り尽くした洋服屋です。

 

今日も最後まで読んで下さり
ありがとうございました♪

わたしもあなたも
美しく輝いて生き生きと

「美しさを織り楽しさを紡ぐ店」MON NAKAMURA
公式Facebookページ
https://www.facebook.com/monnakamura

 

プロフィール

1956年11月生まれ
大学卒業後
小さいころから
糸と生地に囲まれて育ったせいか
ファッションに関心を持ち
東京のアパレルに就職

26歳の時
仕事仲間とメーカーを作る夢も果たせず
Uターンしてブティックナカムラに入社
    
39歳の時
父の大病のため代表を譲り受け
オリジナル性に富んだ
モン・ナカムラブランドを軸に
事業展開

56歳の時
創業以来の商店街の店舗から
現在の地に移転
ブティック・ナカムラから
あらたに「モン・ナカムラ」として開業
    
いろんなことをやっていますが、
モンナカムラは洋服屋です。
    
お店に来て下さる方がいつまでも、
美しく輝いて生き生きとして
いて下さるお手伝いに
日々奮闘中!!
     
夢は、生涯現役。
ずーとお客様の出入りする
にぎやかな店であり続けること。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。