BLOG

ブログ

さをり織り

 

さをり織りって知ってる?

なにも特別な織物というわけではないです。
縦の糸を上下に入れ替えながら、横糸を交差させる所謂機織りそのものです。

「さをり織りはこうして生まれた」(さをりの森サイトから)
に詳しく書かれています。
    
モンナカムラでさをり織りのワークショップを開くようになって
もう五年が過ぎようとしています。

自分たちでも実際に織ってきました。
そして、ず~とそばで見ても来ました。

オリジナルな布から作るって面白い!

最初はね、どうなるのやらドキドキしながら
基本に忠実に織ることだけに専念するのね。

ところがところが、手慣れてくるといろんな欲が出てきて
「縦糸を替えようか」「チェック柄にならないか」
どんどん深みにハマっちゃっていくんですね。これが。

さをり織りチュニック

 

根気強く辛抱して飽くことなく、単純作業だけども続ける。
50㎝が1mになり、1mが3mに、もう少し頑張って6mに達したとき

できた~~~~~~~(^^♪

僕からみると、もうこれって完全にツウィード系の布帛そのもの。

手織りしたか、動力使って機械が織り上げたか
目付けが(織りの緻密さのことね)がきついか、あまいか
生地幅が広いか狭いか

違いはあるものの、生地だよね。布地だよね。

 

服にするセンスです

うえのチュニックもそうだけど、できた布地をみて
こんな服にできないかな?こうできないかな?って悩むのも
センス(感度)。このセンスは作るほどに磨かれます。はい。

で、これです。

 

さをり織りジャケットその1

さをり織りジャケットその2

 

2018年玲子さをり教室仲間展にお邪魔して、撮らせてもらった数々です。

最近のアパレルが作る服に、興味を失っていた私にとっては
それぞれの個性が弾けている、これらの服のほうが
よっぽど魅せられてしまいました。

 

日本の着物にしたって、洋服にしたって、おおもとは
生地(布地)に行きつきます。
もっと言えば、糸に。

 

やっぱり、生地(布地)が好きな、こういっつぁんでした。

 

今日も最後まで読んで下さり
ありがとうございました♪

わたしもあなたも美しく輝いて生き生きと
「美しさを織り楽しさを紡ぐ店」MON NAKAMURA

公式Facebookページ
https://www.facebook.com/monnakamura

 

プロフィール

1956年11月生まれ
大学卒業後
小さいころから
糸と生地に囲まれて育ったせいか
ファッションに関心を持ち
東京のアパレルに就職

26歳の時
仕事仲間とメーカーを作る夢も果たせず
Uターンしてブティックナカムラに入社    

39歳の時
父の大病のため代表を譲り受け
オリジナル性に富んだ
モン・ナカムラブランドを軸に事業展開

56歳の時
創業以来の商店街の店舗から
現在の地に移転
ブティック・ナカムラから
あらたに「モン・ナカムラ」として開業    

いろんなことをやっていますが、
モンナカムラは洋服屋です。

    

お店に来て下さる方がいつまでも、
美しく輝いて生き生きとして
いて下さるお手伝いに日々奮闘中!!

     

夢は、生涯現役。
ずーとお客様の出入りする
にぎやかな店であり続けること。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。